ビジネス巧者に!法人クレジットカードPRESS

個人事業主(フリーランス)や経営者のビジネス活用に!おすすめの法人クレジットカード活用術を紹介

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

起業したばかりの経営者に特におすすめ

ビジネス経営者向けのハイステータス・カードして知られるカードの1つ、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード。

創業年数が浅い会社の経営者や個人事業主でも、申し込むことができるのが大きな利点です。

年会費は少々高めですが、ビジネスに関する業務の簡素化・経費節減に役立つ充実したサービスが特徴です。経営者にとって、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、あらゆる側面からビジネスをサポートしてくれる頼もしい存在と言えるでしょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

 

メリットその1:審査が比較的通りやすい

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの最大の特徴は、なんといっても、創業してからあまり年月のたっていない会社の経営者や、個人事業主にも取得が可能である点です。

ビジネスカードを保有できる条件としては、下記の2点が審査基準を通るための条件といわれています。

  • 設立してから3年以上経過していること
  • 2期連続で黒字決算であること

しかし、このアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、設立初年度から取得できたという話も耳にするほど、ビジネスを始めたばかりの経営者たちにとって頼もしいカードということができます。

 

メリットその2:経費管理などビジネスツールとしても活躍

また、起業したてのときは1人で全て、それこそ1から10までこなさなければいけないので、経費管理が疎かになってしまう経営者や個人事業主の方も多いはず。

そんなあなたのために、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは「コスト管理の一元化」や、経営・税務処理の資料や分析に役立つ魅力的なサービスを提供しています。

経費の一元管理に役立つ追加カード

例えば、社員に対して追加カードを発行することで、経費の支払いをカードに一元的に集約させ、支払手続きを簡略化することができます。もちろん、振込手数料の削減につながることは明らかです。

四半期毎の簡易決算レポートに役立つ四半期管理レポート

また、利用金額や利用店舗を日付順に記載した明細を発行したり、四半期ごとの利用記録を会員別・業種別に集計して報告する「四半期管理レポート」の利用も可能です。

こうしたサービスを利用することで、より経営の実態を透明化することができると言えるでしょう。

出張の多いあなたに特にオススメのトラベルサービス

当然のことながら、出張に関するサービスもたいへん充実しています。

空港ラウンジ利用サービスやエアポート送迎サービス、海外出張時の航空券やホテル、取引先接待時のレストラン予約などなど、様々なシチュエーションで威力を発揮してくれることでしょう。

さらには旅行保険などの特典が、他カードと比較して圧倒的に充実している点も魅力的です。

旅行傷害保険は海外最高1億円、国内最高5,000万円の自動付帯(※1)、また年間500万円のショッピングプロテクションというのは、起業して間もない経営者でなくとも、頼れるサービスだと言えます。

※1.自動付帯とはカード保有によって自動的に保険が付帯されることを指します。これとは反対に利用付帯というものがありますが、利用付帯はカード決済した旅行にしか保険が付帯されないことを指します。

経費削減や福利厚生の充実に欠かせないサービスも多数

そのほかにも、年間を通じて配送費や通信費等の様々な業種で優待割引・特典が利用できる「ビシネス・セービング」や、様々なデータベースにアクセスし企業情報を検索できる「ジー・サーチ」の利用など、ビジネス関連の優待サービスも充実しています。

また法人会員制クラブである「クラブオフ」は、VIPメンバーとして利用できるので、会社の福利厚生の充実にも、ぜひ活用してほしい特典です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

 

気をつけたいデメリットその1:年会費

やはり、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードを使う上で、年会費が高いことは(26,000円。追加会員は12,000円)、多少障壁になります。

しかし、使用できないお店が多いダイナーズクラブビジネスカードは年会費が27,000円とさらに高額であり、上でみたような相応の理由があることを考えれば、決して高額すぎる印象はありません。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード 26,000円+税
セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 20,000円*税
ダイナースクラブ ビジネスカード 27,000円*税

 

気をつけたいデメリットその2:ポイント還元率

また、もう1つのデメリットとして挙げられるのが、ポイント還元率の低さです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードでは、経費にかかる支払いが100円につき1ポイントたまる「メンバーシップ・リワード」という制度がありますが、ポイント還元率が0.5%とあまり高いとはいえません。他社と比較した表が以下です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード 0.5%以下
セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 1.0%
ダイナースクラブ ビジネスカード 1.0%

他のカードが軒並み1.0%を維持しているのに対して、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの0.5%というのは際立って低いと言えるでしょう。

マイル移行でデメリットを解消

メンバーシップ・リワードでは、貯まったポイントをマイルやホテルのポイントに交換することで、そのデメリットを解消することができます。

提携航空会社であれば、1,000ポイント=1,000マイルに移行が可能です。ただし、このレートが適用されるのは、メンバーシップ・リワード・プラス(別途で年会費3,000円+税)に登録している場合のみになります。

それでも、メンバーシップ・リワード・プラスはマイルに興味がない方にとっては必要なく、依然としてデメリットの解消にはつながらないかもしれません。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

 

まとめ

主に起業して間もない会社経営者や個人事業主の方にむけて、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの利点、不利な点についてお話してきました。

結論としては、年会費とポイント還元率というデメリットはあるものの、それらを相殺してあまりある特徴、そして充実したサービスを備えていると言っていいのではないでしょうか。

とりわけ、起業してすぐであっても審査が通りやすい点はきわめて重要です。

質の高いクレジットカードは、ビジネスをスムーズに展開するうえでのパスポートのようなものです。まずはカードを取得することを最優先に考えると、ここで挙げたデメリットは気にならないでしょう。

また、その高いステータス性は他社の追随をゆるしません。たかがステータスと思われるかもしれませんが、金色をしたアメックスを持っていることで、「仕事がうまくいっている感」「仕事をデキる感」が華麗に演出され、それによってビジネスが円滑にすすむ助けになるということは実際に起こりうることなのです。

どんなに美しく輝くゴールドのカードも、それによってビジネスをうまく運ぶかそうでないかは、使う人次第です。堅実に、そしてときに大胆に活用し、皆さんがすばらしい経営者となることを願っています。

>>アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードへの申し込みはこちら<<

ビジネスカードランキング

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

創業3年以内で唯一持つことができたビジネスカードが、このアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード!。個人事業主でも申し込むことができ、門戸が広いビジネスカードと言えます。年会費が少々高めではありますが、サービスが充実しているので、使い倒して元を取りましょう!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

サラリーマン時代に個人で保有していたカードが、このセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。年間200万円(17万円/月)以上の利用で、翌年度の年会費が10,000円になります!年間予算を把握できている方には、オススメです。

ダイナースクラブ ビジネスカード

ステータスカードの代名詞、ダイナースが発行するビジネスカードです。このダイナースクラブ ビジネスカードは、年齢制限も明確にあるため、年齢も実績も重ねた経営者にオススメです。ゴルフや食事など、接待で活躍できるサービス・特典が豊富です!

2015/09/16