ビジネス巧者に!法人クレジットカードPRESS

個人事業主(フリーランス)や経営者のビジネス活用に!おすすめの法人クレジットカード活用術を紹介

JCB法人カード

ドメスティックブランドの底力と信頼

国内ブランドの雄、JCBが中小企業の経営者および個人事業主向けに発行しているカードのうち、最もスタンダードなのが「JCB法人カード」です。

高い還元率のポイントプログラムとキャッシュバック制度を強みにしていて、経理上の作業を合理化しムダを削減するという、法人カードにとっての第一義的な目的に徹したサービスを提供しているのが最大の特徴と言えます。

とりたて派手な印象があるわけではありませんが、JCBにはドメスティックブランドならではの抜群の知名度、国内での使い勝手のよさ、提携先の多様さ・幅広さなどといった直感的にいいと思える質感があります。

これが各々の利用目的にぴったり合致し、メリットが実際に数字となって表れてくるようなら、きっと手放せない1枚となるはずです。

旅行傷害保険や豪華な特典といった、ともすれば不要と言えなくもない付帯サービスを省き、年会費も1,250円からとリーズナブルな設定になっているのも「JCB法人カード」の特徴です。

事業を立ち上げたばかりの経営者のなかには、どのビジネスカードを持てばよいかわからないという方も多いと思います。維持費は限りなく低くおさえたいものですし、起業して間もないうちは、そもそもビジネスカードがどれほど経営上有利に働くかも未知数です。

まずはこうしたビジネスユース向けに特化したシンプルなカードを試金石として選び、そのうち自分に必要な機能を付け加えていくというのがスマートなやり方かもしれません。

 

人気の理由はポイント還元率の高さ!「JCB法人カード」

「JCB法人カード」は「18歳以上の法人または個人事業主」であれば誰でも申し込むことができます。利用限度額は最高で100万円、これは他の一般法人カードと比べても高めの設定です。

社内の備品や資材の購入にかかる金額は業種や規模によってさまざまだと思いますが、一般カードでこれだけ使えるというのは魅力です。また1枚につき1,250円+税で何枚でも追加発行ができます(ただし新規同時申込みの場合は代表者含めて3枚まで)。

ETCカードも無料で発行できて枚数制限はありません。その他、最高100万円のショッピングガード保険が付帯しますが、これは国外での買い物にのみ適用されます。実質的に保険はないものと考えた方がよいでしょう。

 

2種類のカードから選択する

「JCB法人カード」は、特典の利用の仕方、つまり貯まったポイントを商品と交換できるタイプと、利用料金に応じてキャッシュバックがあるタイプとに大きく分けられます。

前者は「JCBビジネス法人カード」、後者は「JCBビジネスプラス法人カード」と名前も異なり、カードフェイスも違います。つまり厳密に言うと2種類のカードがあることになり、商品との交換をとるのか、それともキャッシュバックをとるのかを申し込む際に決める必要があります。

これが実は重要なポイントで、カードのメリットを最大限に引き出すには、カードがどのような目的のもとで使用されるのか、前もってある程度はっきりさせておかなくてはなりません。

ポイントを貯めて交換したい人には「JCB一般法人カード」

JCB一般法人カード

JCB一般法人カード」には、貯まったポイントを商品と交換できる個人向けカードと同じJCBの「Oki Dokiポイントプログラム」が用意されます。

1,000円の利用につき1ポイントが還元されるという典型的な仕組みですが、この還元率がJBCのポイント優待サイト「Oki Dokiランド」を経由することで最大で20倍にまで跳ね上がります。

利用方法は簡単、「Oki Dokiランド」にアクセスし、ログインしてから各サイトに移ったら、あとは通常どおり買い物をするだけ。楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングといった大手総合モールをはじめとする多彩なサイトが提携していて、事務用品や生活用品といったきわめて実用的な必需品も幅広く取り揃えられていますから、使い勝手はとてもよいと思います。

また利用金額が多くなるほど、翌年時にもらえるポイント比率が増える「JCB Star Members」の対象にもなっていますので、効率よくポイントを貯めることができるでしょう。なお、貯まったポイントは商品だけでなく、商品券など現金相当品と交換することも可能です。

効率よく使うには計画的な行動を

ただしインターネットでのお買い物のみが対象となり、近隣店舗で利用する場合は、通常どおり「1,000円の利用につき1ポイント」であることに注意してください。

どうしても急な用事にはというのは必ず出るものですが、買い出しに出かける時間をなるべく削減するという意味でも、この際に計画的な利用を徹底するのによい機会かもしれません。

またポイントを航空各社のマイレージに移行することもできません。より効率よくマイルを貯められるカードは他にありますので、興味がある方はそちらを検討されるのがよいでしょう。

ビジネストラベラーの強い味方「JCBビジネスプラス一般法人カード」

JCBビジネスプラス一般法人カード

もう1つのベーシックな法人カード「JCBビジネスプラス一般法人カード」は、利用金額に応じてキャッシュバックを受けられるのが特徴です。

まず月間の利用額全体でキャッシュバック率が決定されます。その比率に基づいて、翌月の利用額のうち交通費・出張旅費に相当するもの(JR/高速道路/ガソリンスタンド/タクシー/レンタカー/航空券/宿泊/旅行代理店)の合計がキャッシュバック対象となります。

例えば、月間利用額が70万円だった場合、キャッシュバック率が2.0%に決定されます。翌月の交通費・出張旅費が合計して35万円だったとすると、

35万円(交通費・出張旅費)× 0.02(キャッシュバック率2.0%)=7,000円

翌々月の支払いの際に、7,000円のキャッシュバックが実施されるというわけです。経費のうち交通費・出張旅費の割合が多い方にとってはうれしいサービスだと言えるでしょう。

月間経費額から考えましょう

ただし注意も必要です。キャッシュバックには15,000円の月間上限額が設定されていて、それを上回る額はキャッシュバックされません。また、月間利用額が合計して5万円に満たない場合は、そもそもキャッシュバックはゼロ。

さらに、キャッシュバック率は決して高いとは言えないので、交通費・出張旅費がそれほど多くない方にはほとんどメリットが感じられないでしょう。少なくとも40万円以上、理想を言うなら50〜60万円程度、毎月の交通費・出張旅費を計上している方に有利なプログラムと言えます。

 

ゴールドカードでサービスの充実度はさらなる高みへ

JCBゴールド法人カード

上記2つの「JCB法人カード」には、それぞれワンランク上の「JCBゴールド法人カード」「JCBゴールドビジネスプラス法人カード」も用意されています。

ともに年会費は10,000円+税、追加カードも1枚あたり3,000円+税と高額になりますが、利用限度が最大で250万円になるほか、保険も充実していて、1億円の海外旅行傷害保険が利用付帯(うち5,000万円が自動付帯)、国内旅行についても最高5,000万円が自動付帯します。ショッピング補償も国内含め500万円まで上限が引き上げられます。

国内一部空港のラウンジが利用できるなど、特に旅行関連の特典が充実しています。そのため、ビジネストラベラーがゴールドカードにするなら交通費・出張旅費の金額に応じてキャッシュバックのある「ビジネスプラス」を利用する方が、より魅力的な内容と言えるでしょう。

JCBゴールドビジネスプラス法人カード

いずれのカードの場合も10,000円+税と、ビジネスカードの中では低年会費なので、十分メリットがあると思います。

 

まとめ

ビジネスカードは、とりあえず持っておこうというものではありません。

多少なりとも年会費が発生するわけなので、これを毎月の支払いに利用する以上、会社経営にとっては投資となり、同時にリスクを抱えることにもなります。

その意味では、この「JCB法人カード」は利用目的がはっきりしており、選べるため好感が持てます。これさえ持っておけば大丈夫というわけではありませんが、「こんな時にこういう風に使うためのツール」という具合にスマートな使い方を徹底できるなら、十分持つ価値はあると言えるでしょう。

適正な人材を適正なポジションに配置すのと全く同じように、会社や目的に合ったたビジネスカードを適切な場面で利用しながら、ぜひとも健全な会社経営に役立ててください。

>>JCB法人カードへの申し込みはこちら<<

2015/10/13