ビジネス巧者に!法人クレジットカードPRESS

個人事業主(フリーランス)や経営者のビジネス活用に!おすすめの法人クレジットカード活用術を紹介

三井住友ビジネスプラチナカード

最上級のサービスと存在感

国内最高位のビジネスカードの「三井住友ビジネスプラチナカード」

その究極のステータスと高品質のサービスは、三井住友カードが発行するビジネスカードのなかでも最高峰に位置づけられるカードです。

「ビジネスプラチナ」は、2014年に新たに追加されたカテゴリーで、コンシェルジュサービスやランクアップサービスなど、これまで個人向けサービスで培ってきた機能を付帯し、国内海外の様々なシーンでビジネスパーソンをサポートする充実した内容となっています。

これまでプラチナカードの取得はインビテーションを前提としていましたが、ハードルが高いとはいえ、希望者は誰でも申し込むことができるというのが特徴です。起業したての経営者がただちに取得できるカードではありませんが、近い将来のゴールとして不足はありません。いずれ機会があれば、申し込んでみてもよいのではないでしょうか。

三井住友VISA プラチナビジネスカード

 

カードに求めうる機能をすべて備えた理想的なカード

国内のビジネスカードの頂点と言われるだけあって、ステータス、サービスともに文句のつけようがありません。

目玉と言えそうなサービスが目白押しですが、まず取り上げたいのがコンシェルジュサービスです。航空券やホテル、レストランの予約をはじめ、ハイヤーやビジネスミーティング会場の手配など、その他いかなる情報提供にもこたえてくれます。

これは有能な秘書を24時間365日のあいだ、常に連れて歩いているようなもの。コンシェルジュを有効活用することで、多忙なビジネスマン一人では到底なしえない、より快適なビジネス環境づくりが可能になります。

接待時にも嬉しい特典

また「プラチナグルメクーポン」も商談を有利に進めるのに役立つうれしいサービスです。

これは、およそ80店舗にもおよぶ国内の著名な一流レストランを2名以上で利用すると、1名分の料金が無料になるというもの。取引先を食事に招く際、アンフェアな関係が築かれることを嫌い、会計をこちらに任せることをよしとしない方もいます。

そんな時も、「1名分が無料」であることを先方に伝えることで、恩を押し売りすることなく、スマートに振る舞うことができます。そんなふうに、つつましやかに相手の気持ちに配慮することも、洗練されたビジネスマンの条件だと思います。

出張が多いビジネスマンの味方

もちろん旅行関連のサービスの豊富さは言うまでもありません。

国内主要空港のラウンジが使えるだけでなく、世界700ヶ所以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」が無料(通常は399米ドル)で発行されます。

さらには、ザ・ペニンシュラ東京をはじめとする国内約50の宿泊施設でもアップグレードなどの特典が受けられる他、国内線のチケットレス発券サービスや国際線利用時の手荷物無料宅配サービスなどもあり、常に万全のコンディションを維持するために有用な充実したサービスが用意されています。

付帯保険も充実しているから安心

保険サービスにも目を見張るものがあります。まず旅行傷害保険は海外と国内それぞれ最高1億円が自動付帯とさすがの最高水準。

ショッピング補償は年間最高500万円と、これだけでも驚きの金額ながら、圧巻なのは海外だけでなく国内での買い物にも適用される点です。

ゴールドカードでも国内のショッピングは対象外というのが一般的ですから、明らかなクオリティの違いを感じます。

ポイント付与率は低水準

ポイントプログラムは三井住友カードが展開する「ワールドプレゼントポイント」です。

還元率は0.5%と目立ちませんが、6ヶ月の利用金額が50万円を越えると、その合計額の0.5%にあたる額(最高で3万円まで)のギフトカードがもらえる嬉しいサービスもあります。

 

非の打ちどころがない出来栄え

デメリットと言えるようなものはこれといって見つかりません。アメックスだと国内で不便を感じることもありますが、VISA、MasterCardならどちらを選んでも使いやすさは申し分ありません。

年会費も50,000円+税(デュアル発行の場合は55,000円+税)と高額ですが、このカードを必要とする人には問題にはならないどころか、コストパフォーマンスの面からみればむしろ安いとさえ思える価格です。

強いて言うなら、多岐にわたるサービスを意のままに駆使するにはある程度の器量が求められるということでしょうか。

充実したサービスを持てあますようでは、ちょっともったいない気もします。ですが、いざというときに抜きん出た力を発揮するカードを淡々と普段使いする、例えるなら高級スポーツカーを制限速度で走らせるというのもなかなかクールだと思います。

 

まとめ

このカードは2枚目以降、5,000円+税(デュアル発行の場合は6,000円+税)という驚くべきリーズナブルな価格で追加発行が可能です。

これだけハイパフォーマンスのカードを渡されたあなたの部下は、自分が信頼されていることを感じずにはいられないはずです。彼らが実際にファーストクラスラウンジやコンシェルジュサービスなどのVIPな世界観に触れることで、ビジネスパーソンとしての意識にも変化がめばえ、仕事に対してより強固なプロ意識をもって取り組むことにもつながるでしょう。

それぞれの従業員は、会社のために身を粉にして仕事に従事する、経営者にとっての「もう一人の自分」です。このカードには、そんなかけがえのない一人一人の大切な従業員をバックアップし、サポートするという振る舞いが内在していると言えるのではないでしょうか。

>>三井住友ビジネスプラチナカードへの申し込みはこちら<<

2016/10/07