ビジネス巧者に!法人クレジットカードPRESS

個人事業主(フリーランス)や経営者のビジネス活用に!おすすめの法人クレジットカード活用術を紹介

三井住友カード マーチャントメンバーズクラブカード(MMCカード)

三井住友マーチャントメンバーズクラブカード」は、ビジネスカードとして定評のある「三井住友ビジネスカード」をさらに充実させ、個人事業主向けに機能を特化させたカードです。

「個人事業主向け」をうたうユニークなカードだけあって、決して派手な印象はないものの、通常のビジネスカードにはない、ここぞという場面で使い勝手のよい、小規模な事業を立ち上げるにあたって有利な条件と思える機能も少なくありません。

 

三井住友カードらしい標準的なビジネスカードという面持ち

三井住友VISA MMCカード

「三井住友マーチャントメンバーズクラブカード」は、申し込み基準もシビアな印象がなく(20歳以上の個人事業者または中小企業代表者の方)、年会費も1,250円+税とリーズナブルなのが特徴。

追加カードも複数枚発行することができますから(400円+税/枚)、ビジネスカードのメリットの1つである諸経費の精算の一括管理ができて、経営事務の合理化に大いに役立つはずです。ちなにみ、ETCカードも実質無料(年に1回の利用で翌年の会費が無料)で発行が可能です。

また最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯し、年間100万円を上限にショッピング保険も付いています。これは海外から設備や資材を購入する場合などにも適用されますから、万が一の事態に際してリスクを軽減してくれる、最低限の補償が備わっていると考えてよいと思います。

さらに旅行サイトの法人限定予約サービスや引越割引サービスをはじめとする「三井住友ビジネスカード」の充実したサービスを利用することができるほか(ただしチケットレスサービスを除く)、様々な施設やサービスを優待料金で利用できる、Visaのビジネスオファーも付帯しています。

 

控えめな第一印象に隠されたユニークなメリット

三井住友VISA MMCカード

一見したところ、ビジネスカードとしての基本スペックをおさえたスタンダードなカードという印象ですが、実は起業したての小規模な事業を円滑に進める上で有用なお役立ち機能を備えています。

まず大きなメリットとして挙げられるのはここぞという場面での資金調達、つまりキャッシング(50万円まで)が可能であることです。立ち上げて間もない事業では、急な入り用や想定外の出費はつきもの。

事業の円滑な流れを滞らせる事態に直面しても、事業主個人の裁量によって小回りの利いた対応ができるのは大きな利点と言えるでしょう。同じく個人事業主や小規模な法人代表者向けのカードとして人気の高い「オリコ・エグゼクティブ・ゴールド・フォービズ」と比べても使い勝手がよいことがわかります。

キャッシング 追加カード発行
三井住友マーチャントメンバーズカード 可能 可能
オリコエグゼクティブゴールドフォービズS 可能 不可能
オリコエグゼクティブゴールドフォービズM 不可能 可能

また、利用枠が最大80万円となっていて、「三井住友ビジネスカード」の40万円の実に2倍というのも特筆すべき点。高額な資材や備品の調達など、この枠がないと対処できない場面も想定しておいて損はないはずです。

さらにうれしいのが、支払い日を「15日締め翌月10日支払い」と「月末締め翌月26日支払い」の2つから選べること、そして支払い方法についても分割払いの利用が可能なことです。

1回払い・リボ払い・分割払い、2回払い・ボーナス一括払いから選択できるので、事業形態にあわせて、キャッシュフローを滞らせないために予算を配分することができるのは、このカードならではの大きな利点と言えるでしょう。

 

いくつかの注意しておきたい点

あらかじめ気をつけておきたいのが、国内旅行傷害保険の付帯がないことと、一括払いの場合は国内でのショッピングには保険が適用されないことです。

いざというときに小回りが利く機能が満載である反面、国内出張や備品調達にリスクがともなうため、万が一の事態がおきた場合には、スムーズな会社経営の足をひっぱりかねないという側面があります。

それでもかなりコストパフォーマンスがよいカードであることにかわりはありません。保険に強みのある別のカードと併用するなどして、快適な利用環境をつくるようにするとよいでしょう。

リボの仕組みを理解しているなら、お得な特典もあるが、、、

また本来はメリットに含まれることですが、毎月の支払い金額を自身で決められる「マイ・ペイすリボ」に登録することで年会費が半額になる特典があります。

ただし、これによって上記の国内でのショッピング補償が適用されなくなってしまうので、他に併用するカードが無い場合はあまりお勧めできません。

年会費は安いに越したことはありませんが、こだわりすぎて足元をすくわれるということがないよう、ぜひともご注意ください。

またポイントについても、三井住友カードが展開している「ワールドプレゼントポイント」の還元率は0.5%。平均あるいはそれ以下といったところでしょう。

 

まとめ

個人事業主の方がビジネスカードによって経費の決済を一本化し、帳簿管理を簡略化したいという目的があるのでしたら、使い勝手のよい一枚と言えると思います。

またキャッシングや分割払いが可能という点も見逃せません。使い方によっては事業をうまく進める上で役に立つ場面もきっとあることでしょう。

ただ心得ておいていただきたいのは、このカードの運用の仕方が、良くも悪くも、経営者個人の裁量によって大きく変わってくるということです。

このカードを一言であらわすなら、ビジネスカードという建前の個人カード。突然の事態に際しての資金調達や割払いによって、危機を回避するのも、リスクを増やすのも使う経営者の資質次第。的確な判断のもとで上手く利用しながら、よりよい経営に役立ててください。

>>三井住友マーチャントメンバーズクラブカードへの申し込みはこちら<<

ビジネスカードランキング

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

創業3年以内で唯一持つことができたビジネスカードが、このアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード!。個人事業主でも申し込むことができ、門戸が広いビジネスカードと言えます。年会費が少々高めではありますが、サービスが充実しているので、使い倒して元を取りましょう!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

サラリーマン時代に個人で保有していたカードが、このセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。年間200万円(17万円/月)以上の利用で、翌年度の年会費が10,000円になります!年間予算を把握できている方には、オススメです。

ダイナースクラブ ビジネスカード

ステータスカードの代名詞、ダイナースが発行するビジネスカードです。このダイナースクラブ ビジネスカードは、年齢制限も明確にあるため、年齢も実績も重ねた経営者にオススメです。ゴルフや食事など、接待で活躍できるサービス・特典が豊富です!

2016/10/07