ビジネス巧者に!法人クレジットカードPRESS

個人事業主(フリーランス)や経営者のビジネス活用に!おすすめの法人クレジットカード活用術を紹介

基礎知識

ビジネスカード、法人カード、コーポレートカードの違いって?

2017/01/07

経営者の方や役員の方がクレジットカードを検討する際に紛らわしいのは、「経営者・役員の方向け」とされるクレジットカードがいくつもあることです。
ビジネスカード・法人カード・コーポレートカードなどなど……。

今回はこれらのカードの違いについてご説明していきます。
クレジットカード選びに悩まれている経営者の方は、是非参考にしてみてください。

法人向けのクレジットカードの違いとは?

ビジネスカード・法人カード・コーポレートカードは、いずれも「法人向けのクレジットカード」という点では同じです。
しかしそれぞれに名称の違いがあるということは、機能や役割の違いがあるはずです。一体どのような点に違いがあるのでしょうか。

コーポレートカードは大企業向け

ビジネスカード・法人カード・コーポレートカードには明確な違いはありません。
クレジットカード会社によって名称が違うだけなのです。

そのため、「コーポレートカード」と「ビジネスカード」ではカードの性能がほぼ同じということもあり得ます。
多くのクレジットカード会社では、従業員が数千人以上の大企業向けのクレジットカードには、「コーポレートカード」と分けている場合が多いです。

普通、コーポレートカードの引き落としは法人口座から行われる設定になっていますが、中には引き落とし口座として個人口座を設定できるものもあります。

法人カード・ビジネスカードは中小企業や個人事業主向け

一方、法人カード・ビジネスカードは、中小企業や個人事業主の方向けのクレジットカードになっています。

法人カード・ビジネスカードでは支払い口座として代表者の個人口座を利用できる場合もあります。
一般的に法人口座を開設する際には、厳しい審査が行われるため、開業したての会社の場合などは法人口座の開設ができない場合もあります。

コーポレートカードの中には、法人口座しか引き落とし口座として利用できない方の場合には、法人カード・ビジネスカードを利用するのがいいでしょう。

クレジットカード会社によってカードはさまざま

ではここからは実際に、代表的なビジネスカードをその特徴と共に挙げていきます。
カードごとに特徴を比較していき、最適なカード探しに役立てて下さい。

アメリカンエキスプレス・ビジネスカード

アメリカンエキスプレス・ビジネスカードの特徴は何と言っても、審査基準があまり厳しくなく、設立1年未満の法人でも審査に通りやすいということです。

会社としての信用という部分も審査の対象になっている法人向けカードは、設立1年未満のような若い会社では審査に通らない場合も数多くあるので、本カードは設立したばかりの経営者に特にオススメできるカードになっています。

アメリカンエキスプレス・ビジネス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカンエキスプレス・ビジネス・ゴールドカードも、アメリカンエキスプレス・ビジネスカード同様に、設立1年未満の法人でも審査を通過できる可能性が高いです。
また、ゴールドカードらしく最大1億円の海外旅行傷害保険が自動付帯しているので、海外出張の多い法人にはオススメです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカードは、招待状なしで発行ができるプラチナカードです。
最大の魅力はプライオリティパスが無料で発行可能な点で、これだけで年会費20,000円を支払う価値は十二分にあると言えます。

専用コンシェルジュも利用できるので、接待等が多い会社の場合には持っておきたいカードと言えます。

オリコビジネスカードGOLD

オリコビジネスカードGOLDは、限度額が最高1,000万円で追加カードも20枚まで発行できるようになっています。
多くの社員にビジネスカードを持たせて、その社員の裁量の中で自由にカードを使用させたい場合には、最も適しているのがオリコビジネスカードGOLDだと言えるでしょう。

JCB法人カード

JCB法人カード
カードのステータスとしても高い性能を誇るのが、JCB法人カードです。

「JCB de JALONLINE」を利用すれば出張管理も楽に行えるなど、中小企業や個人事業主の人にはとても助かるサービスが揃っています。
年会費は1,250円と、法人カードの中では比較的安い点も注目ポイントです。

楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカードはゴールドカードと同等の扱いですが、普通はプラチナカード以上でないと付帯してこない、世界中の空港ラウンジが無料で使えるプライオリティパスを利用する権利が無料で付帯してきます。
楽天プレミアカードとセットで取得する必要はありますが、コストパフォーマンスは抜群なビジネスカードになっています。

楽天ビジネスカードを利用することで貯まったポイントは、楽天プレミアカードの方にまとめて集約されます。

まとめ

以上がビジネスカード・法人カード・コーポレートカードの違いについての解説でした。カードの名称は異なるものの、実質的な違いはあまりありません。実際にカードを選ぶ際には、しっかり中身を吟味して選ぶことが大切です。

-基礎知識