ビジネス巧者に!法人クレジットカードPRESS

個人事業主(フリーランス)や経営者のビジネス活用に!おすすめの法人クレジットカード活用術を紹介

ポイントが貯まる 出張・マイル

法人用クレジットカードでお得にマイルを貯めよう!おすすめのカードをまとめました

法人用クレジットカードの利用方法は様々です。クレジットカード本来の用途で利用しても、もちろん役に立ちますし、ビジネスに便利な様々な付帯サービスを利用することも可能です。

今挙げた利用方法の他に、「ポイントを貯めて便利な商品と交換する」という利用方法もあります。その中でも今回は特に、「ポイントをマイルと交換する」ということに焦点を当てて解説を行っていきます。

 

ポイント交換でマイルを貯める

法人用クレジットカードでマイルを貯めたい場合には、「飛行機の利用でマイルを貯める」というよりも、「会社の経費等の支払いで法人用クレジットカードを利用してポイントを貯めて、貯まったポイントをマイルに交換する」という貯め方がメインになるでしょう。

そのため、ポイント還元率及び、マイルへの交換レートが非常に重要です。法人用クレジットカードの中には、マイルへの交換プログラムがないものもあるので、マイルを貯めることを検討している場合には、申し込む前に当該クレジットカードのポイントプログラムが、マイル交換に対応しているということを確認しておく必要があります。

 

マイルの貯まるカードは年会費が高め 手数料が必要な場合も

実は、貯めたポイントをマイルに交換できる法人用クレジットカードの種類は、あまり多くありません。そして気を付けておきたいのは、マイルの貯まるカードは年会費が高めのカードが多いということです。

例えば、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの年会費は26,000円(税抜)、セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は20,000円(税抜)となっています。

年会費が高くても、それ以上マイルを貯めることができれば何の問題もありませんが、年会費を支払った分あまりお得になっていない、ということもあり得ます。支払う年会費と貯まるマイルのバランスを考えた上で、発行するカードの検討をするようにしましょう。

またカードによっては、ポイントをマイルに交換するために航空会社のマイレージクラブに加入しなければならない場合があります。そのようなカードの場合は、その分の年会費もカードの年会費に加味して考える必要があります。マイレージクラブの年会費は見落としやすいポイントなので、注意しておきましょう。

 

マイルで選ぶおすすめの法人用カード【セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード】

マイルを貯めるという観点で非常にオススメなのが、セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。ANAマイルもJALマイルも貯めることが可能ですが、特におススメなのがJALマイルを貯めやすい「セゾンマイルクラブ」への登録です。通常1,000円で10マイル貯めることが可能な上に、優遇ポイントとして2,000円のカード利用で永久不滅ポイントが1ポイント貯まり、200ポイントで500マイルに交換することが可能です。

これらを合わせて考えた際のマイル還元率は1.125%となります。これは法人用クレジットカードに限らず、クレジットカード全般で考えても、かなり高いマイル還元率となっています。飛行機での移動は、JALを利用することが多い経営者の方であれば、間違いなくおすすめできるカードといえます。このカードを所有したことをきっかけに、利用する航空会社をANAからJALに変えてもいいほどのお得感です。

ANAマイルを貯める場合には、200ポイントで600マイルの交換となり、還元率は0.3%とJALマイルの還元率からすると見劣りがしてしまうので、利用する航空会社がANA主体だという場合は、別の法人用クレジットカードを検討した方がいいかもしれません。

 

マイルで選ぶおすすめの法人用カード【ダイナースクラブビジネスカード】

ANAマイルを貯める場合にオススメなのが、ダイナースクラブビジネスカードです。「ダイナースグローバルマイレージ」に参加(年間参加料6,000円(税抜))すると、手数料無料でポイントをマイルに移行できます。100円のカード利用で1ポイントが貯まり、1,000ポイントで1,000マイルに交換できるので、マイル還元率は1.0%となります。セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの1.125%には及ばないものの、十分高還元率の法人用クレジットカードだといえるでしょう。

また、ダイナースクラブビジネスカードは、ショッピング以外の方法でもマイルが貯めやすくなっているのが特徴です。入会時と更新時に2,000マイルが付与されるという特典も嬉しいですが、それ以上に、飛行機搭乗時の区間基本マイレージが25%上乗せされるのは、非常に大きなメリットです。

このメリットのおかげで、飛行機に乗る機会が多ければ多いほど、マイルがぐんぐん貯まっていくカードとなっています。ダイナースのプロパーカードだけあって、ステータス性・信頼性も抜群です。誰にでも幅広くオススメできる法人用クレジットカードですが、特にANAの利用が多い経営者の方にとっては、垂涎のカードといえるでしょう。

 

マイルで選ぶおすすめの法人用カード【ANAワイドカード<法人用>】

マイルを貯めるのであれば、やはり航空会社が発行しているカードは欠かせません。法人用のANAカードには、一般カード・ワイドカード・ワイドゴールドカードの3種類があります。年会費やマイル還元率のバランスを考えると、ワイドカードが最もおすすめです。国際ブランドをVISA・MasterCardのどちらかから選べるカードと、JCB固定のカードの2種類があり、本カード及び追加カードの年会費が異なるので、よく吟味した上で選びましょう。

ANAワイドカード<法人用>では、入会時と更新時に2,000マイルが付与されるのに加え、飛行機搭乗時の区間基本マイレージが25%上乗せされるようになっています。旅行傷害保険は、国内(航空機搭乗時のみ)・海外とも最大5,000万円の補償が付帯しているので、出張の多い経営者の方にとっては、マイルを貯めるのと付帯保険利用で一石二鳥のカードとなっています。

 

まとめ

以上、マイルを貯めることを意識した場合におすすめの法人用クレジットカードの解説でした。経営者の方ともなると、飛行機を利用した移動を行うことも少なくないでしょう。

普段のクレジットカード利用の中で効率的にマイルを貯めておけば、経費削減にもつながります。今回紹介した法人用クレジットカードを中心に、マイルを貯めるという観点で納得できるクレジットカードを選んでくださいね。

-ポイントが貯まる, 出張・マイル

ビジネスカードランキング

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

創業3年以内で唯一持つことができたビジネスカードが、このアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード!。個人事業主でも申し込むことができ、門戸が広いビジネスカードと言えます。年会費が少々高めではありますが、サービスが充実しているので、使い倒して元を取りましょう!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

サラリーマン時代に個人で保有していたカードが、このセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。年間200万円(17万円/月)以上の利用で、翌年度の年会費が10,000円になります!年間予算を把握できている方には、オススメです。

ダイナースクラブ ビジネスカード

ステータスカードの代名詞、ダイナースが発行するビジネスカードです。このダイナースクラブ ビジネスカードは、年齢制限も明確にあるため、年齢も実績も重ねた経営者にオススメです。ゴルフや食事など、接待で活躍できるサービス・特典が豊富です!